一般社団法人 日本家政学会 家政教育部会
住所
  〒890-0005 鹿児島市下伊敷1-52-1
鹿児島県立短期大学生活科学科
E-mail
  kuramoto*k-kentan.ac.jp
(*を@に変更してください。)
振替口座
  ゆうちょ 00530-1-64225 家政教育部会
 
 
TOP 部会紹介 組織一覧・部会規約 行事案内 出版物 入会希望・お問合せ・リンク集
 
   
 
お知らせ
   
   
  このたびの東日本大震災で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。  
   
ごあいさつ:

家政学を基礎とする新しいかたちの家族生活支援・家族生活教育の
実現にむけて

家政教育部会長 倉元綾子
 私たちのサイトにアクセスしていただき,ありがとうございます。このサイトは「一般社団法人日本家政学会家政教育部会」のHP です。

 家政学は「家庭生活を中心とした人間生活における人間と環境との相互作用について,人的・物的両面から,自然・社会・人文の諸科学を基盤として研究し,生活の向上とともに人類の福祉に貢献する実践的総合科学」(日本家政学会,1984)です。家政学は,個人・家族・コミュニティの基本的生活ニーズにねざし,生涯にわたって人々の生活を支援していく使命を持っています。

 家政学会のなかの部会である家政教育部会は,1993 年に故藤枝悳子氏によって研究会として発足して以来,生涯にわたる家政教育について研究し活動してきています。

 今日の日本社会には,子ども虐待,貧困,少子,高齢化,単独世帯の増加,家庭内暴力,自殺,ワーク・ライフ・バランスなどの生活問題が山積しています。

 家政教育部会では,このような家族をめぐる問題解決への強いニーズに応えるために,2007 年以降,日本における家族生活教育の構築をめざしています。これは,家政学を基礎とする新しいかたちの家族生活支援であり,予防的教育を通して,個人の力量を強化し,家族生活・コミュニティ生活の向上をはかり支援しようとするものです。

 現在では,家族生活教育の確立のために,諸外国の家族生活教育の調査,日本社会における家族生活教育へのニーズに関する調査,試行的な講座・ワークショップ等を実施するとともに,問題意識を共有する人々とともに協力・協同して,研究活動・実践活動を展開しています。

 このHP をご覧になられて,家政教育部会に関心をもたれた皆さまには,セミナーやワークショップへの参加をお薦めいたします。

 また,家政学ならびに家政教育に関心をお寄せいただくとともに,ご指導,ご助言をどうぞよろしくお願いいたします。
 
     
  PageTop  Page Top
  家政教育部会とは  
  組織一覧・部会規約  
  セミナー・研究会・ワークショップのご案内  
  部会・会員出版物のご案内  
  お問合せ・リンク集  

 
 
all rights reserved. copyright (c)2011 「一般社団法人 日本家政学会 家政教育部会」